なべざらし

最近は小型化が進んでるよね。車とかケータイとか。

さぼすけ

たしかに。便利な生活になったよな。

なべざらし

でも、馬は大型化してきたらしいよ。戦国時代に比べるとね。

さぼすけ

まじで!?

 

戦国時代のドラマ、映画、アニメなどを見たことはありますか?

サラブレット系の馬がズラリと並び、武士たちが一斉に敵に向かって進軍する姿は本当にしびれるほどカッコイイですよね。

しかし、あの映像は史実からすると嘘だった可能性が高いのです。

 

戦国時代に使われていた馬はポニー並に小型だった

 

ポニー実際に戦国時代に使われていた馬のサイズは体高150センチほどだったそう。

 

これって、牧場などで乗馬体験をするときに使われる「ポニー」と似たような種類だそうですね。

一般的なサラブレットの体高は約180センチくらいなので、いかにポニーが小さいのかが分かります。

<スポンサードリンク>

世界でも小型の馬の方が一般的?

 

しかし、小型の馬を戦で使用していたのは日本だけではありません。

 

むしろ、古代の戦場ではメジャーな方だったのです。

あのモンゴル帝国も小型の馬に乗って一台帝国を築き上げたと言われていますし、ヨーロッパでも最初は大型の馬を使っていましたが、利便性の関係から小型の馬にシフトしていったと言われています。

 

ナポレオンの有名な肖像画も、実はサラブレットではなくポニーみたいな馬だったというのも有名な話です。

 

いつごろからサラブレットになった?

 

日本が戦で大型の馬を使い始めたのは、19世紀半ばからと言われています。それまではずっと「小型の馬」でした。

 

そもそも、日本人の平均身長がとても低かったので大型の馬は必要なかったんですね。

 

とにかく、

戦・走ることが出来る

・我慢強くて丈夫

・小回りがきく

このようなポイントさえ押さえていれば、戦をすることが出来るので、そこまで拘る必要が無かったのです。

 

なんか、軽自動車が流行り始めてきた最近の日本と似たような流れになってきていますね。

<スポンサードリンク>

なぜ、最近の映像作品ではみんなサラブレットなのか

 

サラブレットそれはもちろん、

「カッコイイから」

という理由以外にありません。

 

大の大人がみんな小さな馬にのって、

「かかれー!」

と叫んでいたとしても、コントにしか見えないでしょう。

バカ殿様を彷彿とさせます。

 

やはり映像作品は見た目が重要、サラブレットになったのも必然だったということですね。

うーん、俺はポニーでもリアリティがあって好きだけどな。やっぱり見た目ですかね。

 

凄い! ポニーのスペック!

 

ポニーは可愛いですが、あの可愛い見た目に騙されてはいけません。

 

なんと、ポニーは人を乗せても時速40キロほどのスピードで走ることが出来ます。

昔から日本に居た馬もこのくらいのスピードと言われているんですよね。

 

サラブレットは時速80キロほどと言われていますが、ここまで速くなくても戦では十分に役割を果たせそうです。

 

ちなみにポニーは30万ほどで購入することも出来るので、わりと手に届く範囲なんですよね。可愛いなー。

お腹が「ぼてっ」としてるのがとても可愛げがあります。

 

しかも実用性もあるので最高ですね。

 

結果:当時は見た目よりも実用性重視だった

 

冷静になって考えてみれば分かるのですが、当時は生きるか死ぬかの時代でした。

食べ物も満足にないので、維持費も視野に入れなくてはなりません。

 

見た目よりもコストパフォーマンスを優先するのは当然のことだったんですね。

小型のほうが維持費も安いわけですし、小型の馬に乗っても戦で得られる結果はそこまで変わらなかったでしょうから。

 

今回のまとめは、

・昔の戦場で使われていたのは体高140センチほどの小型の馬

・ポニーと大体同じくらいの大きさ

・しかしポニーでも時速40キロほどで走ることが出来る

といった感じでした。

 

誰かポニーを使ったリアリティあふれる映画を作ってくれないかなー。

でも見た目が微妙になりすぎますかね。

ではでは!