~映画のDVDを鑑賞中~

なべざらし

いや~面白い映画だった!やっぱり映画はハリウッドですな!

さぼすけ

次は他に借りてきたやつを見よーぜ。

なべざらし

ん…?

さぼすけ

どうしたんだ?

なべざらし

この映画のクレジットに、友情出演っていうのがある。

さぼすけ

あ~。映画とかドラマとかって、たまに友情出演とか特別出演とかって表記が出てくるよな。

なべざらし

でもこの友情出演や特別出演って、結局どういう意味なのかよく分かんないよね?ってことで映画もきり良く見終わったし、今回は友情出演・特別出演について調べてみるか!

 

 

映画やドラマのエンディングに流れるクレジットを見ていると、
たまに「友情出演」や「特別出演」という表記が現れますよね。

 

実はこの友情出演や特別出演には、
単純にその俳優さん・女優さんに感謝しています!
という意味だけではなく、一定のルールなどがある事はご存知でしたか?

 

今回はそんな友情出演・特別出演の謎について迫っていきたいと思います。

 

<スポンサードリンク>

 

友情出演とは一体どういうものなのか?

では、まずは友情出演について、
どういう意味を持っているのかご紹介していきます。

 

友情出演と言うと何だか
「監督とか主演の人とかの友人としての出演ってことかな?」
というイメージを持ってしまいますよね。

 

事実、友情出演というのはそのイメージ通り、
映画やドラマの監督さんや主演俳優(あるいは女優)の方が
知人や友人に依頼して出演してもらうという場合が多いようです。

 

ただし、友情出演というのは実は低額な報酬や
ノーギャラでの出演になる場合が多いと言うのも特徴です。

 

なべざらし

ギャラもお友達価格ってことか…。

 

友情出演は若手俳優・女優のチャンスでもある?

 

また、この友情出演は監督や主演俳優・女優の方が
友人に出演をお願いすると言う場合以外にも、

若手俳優や女優が自らを売り込むために低い報酬で
出演を願い出た場合などにも使われる表記なんだそうです。

 

さぼすけ

こうなってしまうともはや友情要素は特にないな。

 

どんな業界でも共通することかもしれませんが、
まだ駆け出しの頃と言うのは中々表舞台で活躍する機会というのは
手に入れにくいというのが世の常ですよね。

 

そんな世の中でチャンスを掴むためには、
多少自分を安く売り込むことも必要ということなんでしょう。

 

上手く実力を見せつけることが出来れば、
世間的な評価も上がって知名度も高まり、
ステップアップしていくための足掛かりになる可能性もあります。

 

若手俳優・女優の方々には是非ともチャンスを掴んでもらいたいものですね。

 

なべざらし

俺も給料はエビとかの現物支給でいいから映画に出演させてくれないかな…。

さぼすけ

俺も報酬は水の現物支給でいいから出演してチャンス掴みたいです。

 

<スポンサードリンク>

 

有名な友情出演の例

友情出演が使われた作品の例として代表的なのは、
やはり2001年にアメリカで公開された映画である
「オーシャンズ11」ではないでしょうか?

 

このオーシャンズ11とは、11人の犯罪のスペシャリスト達が
集団でラスベガスの金庫破りに挑むという内容で、
1960年に公開された「オーシャンと11人の仲間」のリメイクに当たる作品です。

 

犯罪集団ではありながら、ハリウッド定番の銃撃戦や爆発シーンがなく、
キャラクター各々の特技を活かした話の展開が話題を呼びました。

 

このオーシャンズ11は主演であるジョージ・クルーニーさんと、
監督であるソダーバーグ監督が立ち上げた会社の記念すべき1作目で、
その製作にあたってジョージ・クルーニーさんは各方面に協力をお願いして回り

・ブラッド・ピット
・ジュリア・ロバーツ
・アンディ・ガルシア
・マット・デイモン

と言った主演級メンバーを揃え、
しかも格安で協力してもらったことでも有名な作品です。

 

なべざらし

オーシャンズ11も今となっては一昔前の映画になってしまったけど、面白いから是非見てほしいな。

さぼすけ

ちなみに、『オーシャンズ12』と『オーシャンズ13』という続編もありますぞ。

 

特別出演とはどういうものなのか?

では、次は特別出演についてご紹介していきたいと思います。

 

この特別出演というのはどういう意味なのか?
ちょっと想像がつかない…という方も多いのではないでしょうか。

 

実際俺も「一体何が特別なんだろう…」と見る度疑問に感じていました。

 

そんな特別出演ですが、これは主に
大御所俳優に「どうしてもこの役をやってほしい!」
とお願いして出演してもらった時に表示するようです。

 

通常、大御所俳優に演じてもらうとなれば、
やはりそれなりの大役を用意しなくてはいけないというのが
芸能界の暗黙のルールなようです。

 

しかし、作品のキャラクターの人物像などを加味して
それを演じる俳優・女優を選んでいくと、どうしても

「この役は主役ではないけど、是非この大御所俳優にお願いしたい!」

という場合が出てくるのは致し方ないことと言えます。

 

しかしその一方で大御所さんからしてみれば、
名前も知れ渡ってしまった自分が脇役を演じるというのは

世間からのイメージがダウンしてしまう可能性もあり、
二つ返事で首を縦には振れないのも事実です。

 

特別出演というのは、そう明記することによって
「この方は特別にこの役をやってくれたんですよ」とアピールし、
大御所さんの名誉を守って上げるためのものなんだとか。

 

なべざらし

やっぱり高い地位にいる人って言うのは、世間からどう見られているかっていうのも重要だからな~。こうした配慮をしてあげないと困るんだろうね。

さぼすけ

まあ俺達社会の最底辺に生息している珍獣には無縁な話だな!

 

また、特別出演は友情出演と違って、ギャラも高額な場合が多いそうです。

 

さぼすけ

多分、大御所さんってのはその分仕事の依頼も多く来るだろうし、仕事を選べる立場にある。

さぼすけ

そんな中で出番も多くない脇役を演じるというのはメリットが薄いから、報酬を上げてもらわないと困るんだろうな。

なべざらし

出番が少な目で報酬もいいなら、大御所さんからしてもメリットのある仕事になるもんね。

さぼすけ

まあこれはあくまで想像でしかないんだけどな~。

 

有名な特別出演の例

 

特別出演が使われた作品の例として記憶に新しいのは、
2013年の7月7日から9月22日にかけて放映された
テレビドラマである「半沢直樹」ですね。

 

半沢直樹とは、優秀な銀行マンである主人公の半沢直樹が、
焦げ付いた融資5億円の回収に奔走したり、

融資先のホテルを守るために奮闘したりするドラマで、
「やられたらやり返す、倍返しだ!」のキャッチコピーで有名です。

 

この半沢直樹では、大御所俳優である
北大路欣也さんが物語の終わり頃に
中野渡頭取役として特別出演しています。

 

この半沢直樹の主人公である半沢直樹役を務めているのは
俳優の堺雅人さんですが、俳優としてのキャリアという観点では
北大路欣也さんの方が勝っていると言えます。

 

その北大路欣也さんに主演や準主演ではなく、
少しだけ出てくる人物を演じてもらうということで、
特別出演と表記されたのではないでしょうか。

 

さぼすけ

わざわざ出演してくださった大御所さんに敬意を表するのはやっぱり大事なことなわけですな。

 

友情出演・特別出演のまとめ:報酬にも関係していたのは驚き

 

友情出演や特別出演という表記は、
単純にその俳優・女優さんに対して
感謝の意味を表しているだけのものだと思っていました。

 

しかし実際には業界のルールに則った都合があって、
報酬にまで影響しているというのはちょっと衝撃的でした。

 

また、無名の若手が低報酬で友情出演するというのは
もはや友情でも何でもないだろうとは思いましたが、
どんな形であれチャンスは物にしてほしいと思います。

 

なべざらし

まあ結局俺は誰がどんな映画に何出演しても構いませんので、これからも面白い映画などを作るために頑張ってほしいなと思いました。

さぼすけ

それでは、今回はこれにて終了です。