飲食店などの看板には「赤色」が使われていることが多いみたいです。言われてみれば、赤とかオレンジが多いような気がする。

実はこの「赤」や「オレンジ」は食べ物を美味しく魅せる「不思議な効果」があることが分かっているのです。

でも、なんとな~くだけど、気づいていた人もいるのでは?

<スポンサードリンク>

赤は食欲が増す

りんご

なべざらし

やばいリンゴを見たら腹が減ってきた…。

さぼすけ

おいおい、さっき飯食ったばっかりだろ。

 

有名な飲食店などを見てみると、赤い看板、オレンジの看板、黄色い看板などが多いような気がします。

これは、赤色には「食欲を増加」させる効果があると分かっているからです。

たしかに、ポテトチップスの袋とか、マクドナルドの看板とかも赤色に近いなぁ。

 

他にも赤色には、

・積極的になる

・感情が高ぶる

・男性ホルモンが分泌される

といった効果があります。

 

全て食欲と関係しているような気がしなくもないですね。いかにも欲求って感じがしますな。

 

他にも食欲が増す色

サラダ

他にも「黄色」と「緑色」が食欲が増すことが確認されています。

たしかに黄色い看板と緑の看板の飲食店も結構見かけますね。モスバーガーなんかは緑色だったりします。

あー腹減ってきた。

 

なので、サラダに卵とトマトが入っていると急に美味しそうに見えるのは、人間が「美味しそうだな」と感じる色が全て入っているからなんですね。かなり色鮮やかで美味しそうに見えるもんな~。

あー腹減ってきた。

<スポンサードリンク>

青は食欲が無くなる色

 

青は食欲が無くなる色として知られています。

 

空の色、海の色など綺麗な印象のある「青」ですが、食べ物の色となると急に不味そうになってしまいます。

これは、自然界に純粋な青の食べ物が存在しなかったためだと言われています。

 

青の食材を見ること無く、人は進化してきたということですね。たしかに以前青色の肉まんが販売されてたけど、全く美味しそうじゃなかったなー。

この効果を上手に利用して、ダイエット中にはテーブルクロスなどの色を「青」にして食欲を無くす方法もあるそうです。いやー、ダイエットしなきゃなーとは思ってるけど、ご飯が美味しく食べられないのはちょっと…。

ご飯が美味しそうに見えなくなってもかまわない!と言う人は是非チャレンジしてみてください!

色の比較

あ~、たしかに青色は不味そうに見える。断然にオレンジだわ。

 

結論:美味しければ通う

 

看板の色が青色だろうが赤色だろうが、美味しければ通っちゃう可能性もありますけどね!

いや、でも「初見」の印象が悪いから、そもそもお店に入ることすらなくなるのかー。

 

今回のまとめは、

・赤は食欲が増す色

・他にも黄色や緑なども食欲が増す

・青は食欲が下がるので、ダイエットにオススメ

 

ダイエットしないとなー…。

でも美味しそうに見える食材が悪いねん…。え?俺の意思が弱い?

 

さ、さて…食材に感謝しつつご飯食べてきます!

いただきまーす!

 

じゃあね!