水鳥の「カモ」は一日中水の上に浮かんでいて、足が冷たくならないのでしょうか?ペンギンは氷の上を素足でペタペタ歩いていて凍傷にならないのはなぜ?

今回は、そんなペンギンやカモが不思議で仕方がなかったので、そんな彼らの秘密に迫ります。

<スポンサードリンク>

カモの平均体温は高い

カモ

水鳥は平均の体温がとても高いです。他の動物は38度前後なのに対して、鳥類の体温は40~42度と、とても高温なことが分かります。

たしかに、鳥を持ってみるとホカホカしてるもんな~。

 

体温が高い理由

鳥の体温が高い理由は、新陳代謝を促進させることにより、空を飛ぶくらいの激しい運動をするためのエネルギーを手に入れるためです。

車が停車中に、エンジンをつけっぱなしにしておいて、いつでもスムーズに発進出来るように体を温めているということですね。

 

人間は動く前に「ストレッチや軽い運動」などで体を温めたりしますが、それ工程を省くことが出来るわけですね。

更に、体中を覆っている羽毛が体の熱を逃さないために、いつでも暖かく感じられます。

鳥も人間と同じく体温を調節している保温動物ですが、羽毛のおかげでよりいっそうその役割を果たしやすいということですね。

 

なので、鳥は体の体温を確保するためにも、体重が低いにもかかわらずたくさんエサを食べなければなりません。大変だな~。

<スポンサードリンク>

カモは足だけ体温が低い

カモ2

もう1つの理由は「カモの足は最初から体温が冷たい」ということです。

 

体がポカポカしているの対して、足は水と同じくらいの温度しかありません。

 

これには鶏のもつ「脛足根血管網」という温度調節機能が関係しています。

鳥は2つの体温を保つために、動脈と静脈が網目状に絡み合い、お互いに熱を交換しあっているため、足と体では温度が違うのです。

 

つまり、体を流れている温かい血液は、足から来る冷たい血液と隣合わせになることによって、温度が低くなるんですね。また、足から体に向かう血液は、逆に暖かくなるように出来ています。

 

ペンギンも同じような働きがあるため、平気な顔をしてペタペタと氷の上を歩くことが出来ます。

本当に動物の豆知識は、知れば知るほど関心させられますね。

 

結論:進化ってすごい

ペンギンイカやらタコやら、キリンやらの記事を書いてきましたが、自然に合わせて進化してきたのは決して人間だけではないんだなーと関心させられます。

鳥もその1匹だったというわけですね。ペンギンが進化して人間みたいになっても、靴は流通しないのかな? まぁいいや。

 

今回のまとめは、

・カモは体温が高いため、水上に1日中いても大丈夫

・しかし足の体温は水と同じくらいの温度

・足の血液と体の血液が細かく絡み合っているので、常にお互のに熱を交換しているため

といった感じになりました。

 

なるほどなー。よく車の窓からカモがプカプカ浮いているのを見て「幸せそうだなー」と思う反面「寒くないのかな?と毎回思っていたのですが、長年の疑問が解決しましたね。

人間にもこんな便利な機能があったらよかったのにな~。

あ、俺アザラシだったわ。

じゃあね!