なべざらし

100万ドルの夜景の秘密って知ってる?

さぼすけ

どっかで聞いたことがあるな。たしか電気代のことなんだろ?

なべざらし

正解! でも現在では電気代が上がり1000万ドルって言われてたりもするんだよね。

さぼすけ

もう分かりやすいように1億ドルの夜景にしようぜ…。増えすぎて訳がわからんよ

 

100万ドルの夜景の秘密

よく美しい夜景のことを「100万ドルの夜景」なんて言ったりしますよね。

 

でもあれ、どこが「100万ドル」なんでしょうか。

実は、神戸の夜景は「100万ドル」という数字にはそれなりの根拠があったんですよね。

 

今回はそんな「100万ドルの夜景」についての雑学をご紹介します。

<スポンサードリンク>

100万ドルの夜景の起源は日本人だった?

 

ライト100万ドルの夜景の起源は、神戸の六甲山の夜景と言われています。

 

昭和288年に、当時の関西電力の副社長さんが、大阪、尼崎、芦屋、神戸のライトの数を数えてみた結果、なんと…

4697000個(!?)の光が見えました!

 

いや、なんというか、よく数えたな…と思ってしまいましたね。

 

それで、その光の電気代はというと、1ヶ月で4億2900万円。

当時は1ドル360円でしたので、そのままドルに換算すると約100万ドルくらいになります。

 

つまり、100万ドルは電気代のことを言っていたわけですね。なんかロマンから一気に現実に引き戻されましたな…。

 

その後、副社長さんが広報誌の記事を書いた際に、タイトルを、

「百万弗の夜景」

と書いたんですよね。

 

これが元となり、現在では当たり前のように使われるようになったんです。

いやー…本当、この方の努力が無ければ、この単語が生まれていなかったんですね。おつかれさまです!

 

現在では1000万ドルに

 

ライト2時代が進み神戸の光が増えてきたこともあり、1975年の時点ではなんと1000万ドルと言われるようになりました。

 

当時の1ドルは260円ほどなので、1000万ドルといえば26億円ほどになります。

 

そして2005年になると、神戸周辺の一般家庭やオフィスのの数、電気代を計算して1ドル110円ほどで換算してみたところ、

見事に1000万ドルを超える計算になったそうです。

 

これで「比喩表現」ではなく、本当の意味で1000万ドルと自信を持って言えるわけですね。

でも、近年はエコ化が進んでいて、1000万ドルの夜景も肩身が狭くなりそうです。不思議な気分ですね。

<スポンサードリンク>

世界3大夜景

函館市

実は世界3大夜景と呼ばれるものがあります。誰が決めたか分からないらしいですけどね。

その1つがなんと日本にある函館です。

函館

日本は、

・治安が良いので夜に暗い山に登りやすい
・人口密度が高いので、光が集まりやすい
・単純に山が多い

 

などの理由から、世界でも類を見ないほど「夜景」が多いらしいです。

 

レストランや旅館、ホテルなどが「夜景」を武器にしている場所が多いのはそのためですね。

 

ナポリ(イタリア)

次はイタリアのナポリです。

 

ポジリポの丘から見える夜景が素晴らしいと評判です。

ナポリ

しかし、ガイドブックにすら載っていない「穴場」らしく、アクセスもし辛いとのことなので、行きたい方は下準備が必須となります。

 

ガイドブックには載らずに、人々の間で度々紹介されるということは、本当に実力だけで這い上がってきた感じがありますね!

 

香港

ビクトリアピークから見る夜景が絶景。

香港

こちらは有名な観光地ということもあり、30分以上並ぶことは珍しくありません。

 

観光客が次々に現れるので、撮影しようにも後ろから押されてしまい、なかなか撮影出来ないそうです。

 

結論:夜景の背景には電気代あり

夜景が綺麗でも、その背景には「元気代」というリアルな現実があるんですね。

しかし、夜景を見る機会があったら、変に現実的にならずに素直に夜景を楽しんでみたいと思いました。

 

今回のまとめは、

・100万ドルの夜景とは電気代のこと

・現在は1000万ドルを超える夜景に

・世界3大夜景には日本の函館がランクイン

といった感じなりました。

 

寝ている夜景」はどちらかといえば日本や香港など、人口が密集している場所ほどワンチャンスがありますね。

俺はギラギラしたものよりも、のんびりしたのもの方が好きなので「昼間の大自然の風景」の方が好きだったりします。

でも、今回の内容で早速夜景を見てみたくなりましたね。

でも1人で山に登るのはちょっと…。

よし、夢のなかで夜景を見よう、おやすみ。