なべざらし

申し訳ないけど、ハッキリ言わせてもらうよ?

さぼすけ

な、なんだよ。

なべざらし

夏にヒョウが降るのは当然のことだからね。不思議なことじゃないからね。

さぼすけ

え?

なべざらし

そういうことだ。

さぼすけ

……? ああ、わかった、覚えたての知識を披露したいんだな。

なべざらし

そういうことだ。

さぼすけ

そこは否定しろよ。 

 

夏にヒョウが降る理由

夏に雪が降る…なんて、ちょっと常識では考えられませんよね。

 

でも、実際世界各地で「夏にヒョウが降った」という事例がいくつも確認されています。

これは果たして異常なことなんでしょうか?調べてみました。

<スポンサードリンク>

まず、ヒョウって何?

空から降ってくる氷の塊です。

 

ヒョウ大きさによって名前が変わるものであり、大きさが5ミリ未満のものを「あられ」

大きさが5ミリ以上のものを「ヒョウ」と呼びます。

 

水蒸気が上空で氷になり、そのまま地面に降ってくるという意味では、どちらも似たようなものです。

落下速度は1cmのもので時速30キロ、5cmで時速120キロにもなります。これは当たったらやばいわ…。

 

中でも1917年に埼玉県で観測されたヒョウは30センチ(!?)もの大きさがあったらしいです。これはやばい…。

なぜヒョウが出来るのか

夏でも冬でも、上空の温度はとても低いのです。真夏だったとしても、上空はマイナス○度だった、というのはよくあることです。

 

地上からたくさんの水蒸気が上空にあがっていき、その場で固まります。やがて大粒の氷になり地面に向かって降ってきます。

 

氷が降ってくるなんて恐ろしいですね。ちなみに、ヒョウによる被害も多数確認されているので、ヒョウに遭遇した人は無闇に出歩かずに屋根のある近場に避難しましょう。

むしろ夏の方がヒョウは出来やすい

夏の空冬は乾燥していて水蒸気の量が少ないのが一般的です。

 

それに対して、夏はたくさんの水が蒸発し、上空に水蒸気としてあがっていきます。そして、上空は夏だろうが冬だろうがマイナスの温度になっています。

夏こそ、ヒョウが出来る環境に適しているというわけなんですね。

 

なので、夏にヒョウが降るのは別に不思議な事でもなく、むしろ当然のことと言えます。

夏は暖かいので、最初は氷だったとしても、降ってくる途中で雨になってしまいます。

 

25度以上の場合は全て空気中で溶けてしまうとのことなので、中途半端に暖かくて水蒸気の量が多くなる初夏、もしくは秋ごろにヒョウが振りやすくなるわけですね。

 

大粒の夕立は空気中で氷が溶けたものだったんです。

そう考えると、ヒョウが降ってくる可能性もそんなに低いわけじゃない気がしてきますね。

<スポンサードリンク>

ヒョウが降ってきた時の対策は?

屋根室内に居た場合は、すぐにガラスから離れましょう。

氷がガラスを突き破ってくる可能性があるので、近くにいると怪我をしてしまいます。

 

また、外に居た場合はすぐに屋内に避難しましょう。

傘をさしていたとしても、突き破られてしまうことがあります。

 

俺も一度だけヒョウらしきものを経験した時がありますが、たまたま室内にいたので助かりました…。

屋根からものすごい音が聞こえてくるので、かなりビビりますよ。

 

ヒョウが降りやすい状況は?

初夏、または9月頃に振りやすいです。

水蒸気の量もそこそこあり、氷の塊が降ってくる途中で溶けないからです。

 

また、積乱雲(入道雲)をみかけたり、冷たい風が吹いてきたりした場合も警戒しておきましょう。乱気流は夏に発生しやすいのも、今回のように水蒸気などが関係しています。

その場合、雨が降りだすと、やがてヒョウに変わる可能性があります。

 

結論:夏にヒョウが降るのは当然だった

 

今回の内容をまとめると、

 

・ヒョウはむしろ夏のほうが降りやすい環境になっている

・それでも夏に振らないのは空気中でただ氷が溶けているだけ

・なので、初夏、または9月頃にヒョウは降りやすい

 

といった感じになります。

 

寝ているんー、10cmの大きさのヒョウが降ってきた場合は時速200キロにもなるらしいですね。

こうなると、夏の晴れた日でも安心して遊ぶことは出来ませんね。

 

俺がインドア派になったもの、きっとヒョウを警戒しているからなんだ!きっとそうだ!

というわけで、今日もヒョウを警戒して引きこもりますね。